ボロン
De
ガード

ボロンDeガード(ホウ酸防蟻・木材超耐久処理)

新築時に欠かせない防腐防蟻処理。実は5年程度で効果が消える?!

日本の住宅は、諸外国に比べて厳しい建築基準法をクリアするために素晴らしい技術で作られていますが、平均寿命は30年と言われています。諸外国より圧倒的に短い建物の寿命の原因には土台や柱・梁など構造材が腐ってしまうことやシロアリの被害が挙げられます。新築時にはシロアリ等の害虫対策や材木の防腐処理を行いますが、その効果は5年程度しか継続しないとも言われており、数年に一度再処理が必要となり、メンテナンス費用がかさむことや度重なる殺虫剤の使用が気になるところでした。

15年保証のシロアリ対策・木材超耐久処理『ボロンdeガード®工法』は、
長期持続なのに自然素材のホウ酸でできているから安心・安全

『ホウ酸』と聞くとゴキブリのホウ酸だんごのイメージから強い化学物質と思っている方も多いようですが、実はホウ酸は土壌、海水、淡水、温泉、そして目薬にまで身の回りのどこにでもあります。
また、人間やペット等の哺乳動物、植物には体外に排出する機能があり、重篤な副作用も起こしません。安心安全、シックハウス症候群も起こさない、人と環境にやさしい自然素材です。

ボロンdeガード®工法(防腐防蟻処理工法)の特徴

安心・安全

ホウ酸は、土壌、海、川から温泉まで自然界のどこにでも存在していて、目薬にも使われています。
殺虫剤のように揮発せず、お部屋の空気を汚しません。赤ちゃんやペットのいるお住まいでも安心です。

長期持続

自然の鉱物であるホウ酸は、殺虫剤のように分解して消えることなく、そこにあり続ける限り、効果を持続することができます。シロアリの食害や、腐朽菌やその他の害虫による被害も防ぎます。

低コスト

効果が低下しないことから、通常の防腐防蟻と違って数年ごとに再処理する必要がないので経済的です。
鉱物由来のため、効果は水(雨)分で流れ出ない限り恒常的に作用し続け、大切な建物を守るバリアを長期間維持します。

ホウ酸処理のデメリットについて

ホウ酸は水溶性なので、地面に接触する場合や雨曝しになる木材への使用には向きません。また、殺虫剤ではないので既に発生しているシロアリを駆除するのには適しません。
効果の高い『ボロンdeガード®工法』は、ぜひ新築時や住宅の土台や柱・梁にご利用ください。

お問い合わせ

TEL:046-869-0722

【営業時間】9:00~18:00
【定休日】日・祝